RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
[広告]
広告 広告 安心安全なアフィリエイト
サイト内検索
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
ランキングサイト
MOBILE
qrcode
FEEDS
POWERD
PROFILE
日産に秘策あり?スーパーセダン続々投入か!?
ニッサン車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク

今の日産のセダンのラインナップといえば・・・
フーガHVフーガスカイラインティアナブルーバードシルフィーティーダラティオといったところ。かつてはブルーバードSSSを駆り、セダン・クーペ好きの私としては、正直悲しくなってくる。
 
いやはや、セダン不振と言われて久しいが、どうやら日産は色々隠し玉を持ってるらしい・

そういう意味では、昨年出た、フーガHVも結構インパクトは大きい。がいかんせん高くて、一般向けのクルマとは言いがたい。

まずは、ダイムラーとの提携で、紆余曲折している伝統車・スカイラインであるが、まずは北米でIPLバージョンというのが出るらしい。ベンツのAMGやBMWのMに対抗する感じか。
が、これでもまだまだ高嶺の花。

一番気になるのは、ブルーバードシルフィーである。
なんと、次期モデルでは”SSS"グレードが復活するのでは?という話が出てるのである。
そうなると、個人的にはシルフィーなんてサブネームはとっぱらえよと思ってしまうのだが・・・
ともかく、ジュークにこの秋搭載された、テンロクターボエンジン・MR16DDTが搭載されるというのだ。
これを4WDにして、アテーサを付けてもらえば・・・U13次代のブルーバードSSSリミテッドアテーサの復活じゃないですか!!
そうなれば、自ずと食指も動くというものである。

さらに、このテンロクターボエンジン・MR16DDTは次期ティーダにも搭載が決まっているようだが、そうなればセダン版のティーダラティオへの搭載も現実味を帯びてくる。

ジュークのMR16DDTも、CVTとの組合せだが、なかなかフィーリングが良いと聞いているので、ジュークよりスポーティーなボディーをまとった、ティーダラティオブルーバードシルフィーには、期待せずにはいられない。
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
GT−R、未知の世界へ
ニッサン車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク
 
この秋、ニッサン・GT−Rが国産車では未知の領域、500psオーバーの世界へと踏み込む。この秋のマイナーチェンジでついに520psのパワーを得ることになった。

 世界の500psオーバー車というと、ニュルブルクリンクでのタイム争いが盛んに行われていた、ポルシェ911GT2だったり、フェラーリ599GTOランボルギーニ・ガヤルドコルベットZ06などなど、世界各メーカーの誇る、スーパーカー軍団の世界である。
 それでいて、ノーマルモデルの価格は1000万以下。それでも、庶民にはとても手の届く価格ではないのだが、2〜3000万円が当たり前の世界のスーパーカーに比べると、相当コストパフォーマンスは高い。

 しかしながら、こういったスーパーカーに求められるのは、ニュルブルクリンクでのタイムのような絶対性能もさることながら、官能性やプレミアム感といった、時間をかけて醸成していくものも、非常に重要なファクターとなる。このへんは、新参スーパーカーのGT−Rはまだまだ煮詰めが足りない点もあるだろう。

 が、国産車280馬力の自主規制があった頃には、世界のスーパーカーにガチンコの戦いを挑む国産車が誕生するとは想像もできなかったこと。

 日産にはGT−Rを大切に育てていって欲しいものである。
 
 そういえば、GT−Rは昨年から、国内のスーパーGTにとどまらず、ヨーロッパ中心のFIA−GTにも参戦している。こういったところでの実績も一歩ずつ積み上げていった欲しいところだ。

[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
ニッサンとダイムラー提携のメリットは?
ニッサン車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク
 
この4月にニッサンルノー連合とダイムラーの資本・業務提携が合意されたのは記憶に新しいところ。

正直、ダイムラーの金看板『ベンツ』というブランドは、成金的で私は好きではないので、微妙なところなんだが・・・

それでも、今回の提携話、それぞれの得意分野を持ち寄って、さらにスケールメリットを生かせるということになると、結構なメリットがあるようだ。

まず、コンパクトクラスの省燃費技術や電気自動車。これにはニッサンに一日の長があり、ヨーロッパ圏で予定されている、平均燃費規制が実施されれば、燃費的に不利な大型車の中心のダイムラーとしては、非常にありがたい話となってくる。

ニッサンがリーフで先鞭をつける電気自動車の技術を、スマートベンツAクラス当たりに持ってこれると、結構大きい。

逆にダイムラーが持っている、プレミアムカー向けの上質なエンジンだったり、大型車向けのエコなディーゼルエンジンというのは、ニッサンに取ってはウィークポイント。一応、X−トレイルのディーゼルエンジンはよく出来ているが、他車種への展開とまで入っていないし、2Lクラスでプレミアムカー向けとは言い難いし・・・

また、大型・小型を問わず、電気自動車やハイブリッド車には、高性能なバッテリーが必要になるのは言うまでもないが、そういったもの、特に効果は高いがコストの掛かる、リチウムイオン式のバッテリーを、提携によって共用できれば、スケールメリットによるコストダウンも可能になり、そうなればニッサンルノー連合とダイムラー双方にメリットが有る。

しかしながら、一人のニッサンファンとしては、かつて『技術のニッサン』と言われた、トヨタには出来ないクルマづくりをして欲しいと願ってやまないところ。

自動車誌では、フェアレディZベンツEクラスのディーゼルエンジン搭載か?なんて話も出ているし、そうなれば非常に面白いところではあるが、やはりフェアレディZは高嶺の花である。

私としては、もう一歩踏み込んで、シルビアの復活車にベンツEクラスのディーゼルエンジン搭載なんてのはどうだろう?とおもう。このクラスならX−トレイルのディーゼルでもいいんだろうが、インパクトとしては、提携効果を全面に押し出してもいいだろう。
それに、コンパクトでスポーティーなクルマへの潜在的なニーズがある、それも若い世代にも存在する事は、CR−Zが証明してくれたわけである。

ディーゼルエンジンではピークパワーは望めないが、一般道では体感することの少ない最大馬力よりも、強力なトルク感の方が、かえって訴求力は高いかもしれない。

そういう意味で、軽量・コンパクトなシルビアにトルクフルで排ガスも綺麗で燃費も良いディーゼルエンジンを搭載する。ハイブリッドとは異なる、エコとスポーツの両立への解をそこに求めてもいいんじゃなかろうか。

そんなクルマが200万円そこそこで出てきたら、飛びつくんだけどなぁ・・・

[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
スカイライン マイチェンでエコカー減税対象に
ニッサン車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク
 
年明け早々に、 スカイラインが実はマイチェンを受けていた。


エクステリアの若干の変更もあるが、最大のトピックは「2.5Lモデルがエコカー減税対象車」になったこと。燃費がなんと11.2km/Lから12.2k/Lに伸びたというのだ。

かといって、スカイラインたるもの、スポーツ度をスポイルしたのでは、スカイラインを名乗る資格は無い。じゃ、どこを替えたのか。

答えはミッションである。これまで2.5Lモデルは5速ATだったのを7速ATを採用。もちろん、シンクロレブコントロールつき。

これによって、燃費の向上に寄与するとともに、低速ギアのクロスレシオ化かも図られ、低速領域では、小気味いいシフトのつながりでスポーツ感もアップ。
一方で、高速巡航用の6〜7速はハイギアードで、これが巡航時の燃費向上に貢献。

スポーティーに進化しつつも、燃費もアップという、良いマイチェンがなされている。


[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
日産の新型小型SUV・・・車名はジュークで決定か
ニッサン車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク

さて、久々にニッサン車の話題に戻ってくることが出来た。
以前から、ショーでカザーナの車名でプロトタイプを出展されていた車である。

どうやら、国内デビューは6月、欧州デビューが年末ということになりそうだ。



で、デビューというか公式発表は3月のジュネーブショーでということなので、今のところ世に出ているのは上のティザー広告だけ。

はっきり分かっているのは、デュアリスよりも下のクラスを狙った車で、エンジンも1.6L程度。サイズも、少し幅が3ナンバー枠まではみ出すが、ちょうどノートデュアリスの間を狙ったサイズといえば分かりやすいだろうか。

また、エンジンも本当に1.6Lになるのか、1.5Lになるのか情報は錯綜しているが、副変速機つきのCVTが採用されることは決まっているようで、これがかなり燃費向上に貢献しそうで、16.2km/Lは軽くクリアし、エコカー減税(75%)の適用車となる公算が大。

価格も150万円台〜200万円台が噂される。

・・・これって、書いてて思ったんですが、先日デビューした、ミツビシのRVRとガチンコの競合車になるんじゃなかろうか。

ま、デザインテイストがまるっきり違うんで、好みが分かれて、実際には競合にならないかもしれませんが。
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
日産のフラッグシップ、フーガ
ニッサン車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク

昨年末に、フルモデルチェンジを受けて、2代目となった、日産のフラッグシップサルーン・フーガですが・・・


ベストカーで評論家の前澤義雄氏にボロンチョにいわれてますね・・・
「フォーマルなパーティーにキャバ嬢をつれてきたようなものだ。プレステージカーにこんな抑揚をつけたデザインはやってはならん!」とご立腹のようですが・・・

私は、2代目のほうがデザイン的にも好きなんですがね。トヨタのマジェスタやクラウンロイヤルには無い、色気というか。そんなのがあるいいクルマだと思うんですがねぇ。

宝くじ当たったら、ベンツやレクサスじゃなくて、私はフーガを買いたいくらいですが・・・
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
リストラが噂されるクルマたち・・・(ニッサン編)
ニッサン車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク

先日、新型フーガ を発売したニッサンも、セダンを中心に、大リストラが計画されている。

ニッサンのシンボルとなるのは、GT-R に違いないが、それでも高級セダンのフラッグシップはハッキリさせておくべきもの。
そのポジションが現状だぶついている。
・プレジデント
シーマ
新型フーガ
と3車がそのポジションに当たる状況。
とはいっても、プレジデントシーマは旧モデルのままで販売が細々と続いているだけであり、 新型フーガの仕上がりを見る限り、これが事実上のニッサンのフラッグシップになるといっても過言ではないだろう。


また、小型セダンでも ブルーバードシルフィティーダラティオがバッティングしており、こちらも2011年当たりに統合されるんじゃないかと、噂されております。
しかし、悲しいかな、この2車って、長くニッサンのボトムエンドを担ってきた、サニーブルーバードの成れの果てというのが悲しいところ。


もはや、日本市場においても、5ナンバーサイズに2種類もセダンは不要ということなのでしょう。
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
シルビア 【旧車回顧録】
ニッサン車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
私自身は、所有していた経験は無いのだが、非常に好きで、憧れのクルマであった。



私としては、写真にある、最終形のS15が最も好きなタイプ。

最強のスペックRは5ナンバーサイズのコンパクトなボディーを、SR20DETエンジンの250馬力で振り回し、それを6MTで操るという、今の国産車には無い、痛快なクルマであった。

今では、中古車市場に出回るだけとなってしまったが、惜しむらくは、酷使され状態の悪いものが多いこと。

一応、U13ブルーバードのリミテッドアテーサで、SR20DETエンジンのフィーリングは知っているだけに、一度はハンドルを握ってみたいクルマである。
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
気になる?次期GT-R
ニッサン車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク
 
ニッサン党ならずとも、気になるのが、GT-R の今後。

この冬デビューが予定されていた、スペックMは来年になりそうだが、進化は続く。とはいえ、BMW X5ポルシェ カイエン対抗車のSUVも、ポルシェ パナメーラ対抗の4ドアも開発は凍結された模様。無念・・・

しかし、12年で生産終了のうわささえ出た、GT-R自体は生き残ることが決定。

来年秋にデビューすることになっている、フーガHVのシステムを使った、ハイブリッドスーパーカーとして、世に出ることになりそうだ。

価格帯はベースモデルでも8桁に乗りそうだそうだが、燃費は50%以上も改善。クリーンでないクルマは存在自体が許されなくなるような流れの中、環境とハイパフォーマンスを両立するスーパーカーとして、GT-Rは進化することになる。

[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
ブルーバード【旧車回顧録】
ニッサン車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク


さて、一応現行のニッサン車でも「ブルーバード・シルフィー
」があるのだが、それとU14以前のものとはまったく別物。*一時期はブルーバードの名前も消えてましたしね。

そんな、ブルーバードといえば、日産の歴史に名を刻む、偉大なるファミリーカーである一方、510型ブルーバードSSSでのラリーシーンでの活躍など、スポーツセダンとしての歴史も持っている。

実は、私の車履歴にも登場していて、2.0 SSSリミテッドアテーサ 4WDに一時期乗っていたのである。しかも、5MTモデル!

いろいろ事情があって、わずか2年の付き合いだったのですが、ちょうど良いサイズと、SR20DETエンジンの迫力あるターボのフィーリング、それをマニュアルシフトで操るのはなかなか楽しいひと時でした。

今、この手のフィーリングを味わいたければ、国産車の新車ではランエボインプレッサしか存在しない。それらにしても、随分ボディーは大きくなっているし・・・

ジャストサイズで走りも楽しめて、そこそこ実用性も高くて・・・というクルマが無いのが悲しいです。


[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
| 1/2 | >>