RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
[広告]
広告 広告 安心安全なアフィリエイト
サイト内検索
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
ランキングサイト
MOBILE
qrcode
FEEDS
POWERD
PROFILE
さらば、タイプR・・・
ホンダ車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク
 
いやはや、前回のエントリーでは、ランサー・エボリューションの終焉について触れたばかりだが、今度はホンダの看板であった、『タイプR』の終焉である。

もうずいぶん前から、ホンダは『ミニバンメーカー』という実態にはなっていたのだが、それでも熱狂的なホンダファンがいたのは、『タイプR』があったからこそだろう。

スタートはNSXからで、普通のクルマ好きには届かない車ではあったのだが、インテグラシビックといったあたりに『タイプR』が登場し、最強のFFスポーツの名を欲しいままにしてきた、まぎれも無い、日本のクルマ史に残る名車である。

時代の流れとはいえ、こういった魂のこもったスポーツカーが次から次へと消滅していくのは、ホントに寂しいもんである。

これで、ホンダに残る『スポーツカー』は、ハイブリッドのCR−Zが残るのみ。純粋なガソリンエンジンのスポーツカーは、完全に消滅してしまったわけである。

しかし、この状態で、スーパーGTに参戦を続けているのが不思議なモノである。スーパーGTは『ハコ(=市販モデル)の最強』を争う戦いの場だったはずなんだが、ホンダはHSV−010という専用モデルで参戦している。まあ、NSXとして市販されるはずだったクルマがHSV−010という見方もできるわけだが・・・

もっとも、GT500に出るマシンなんて、見てくれがいくら似ていても、市販車とは全くの別物。フォーミュラニッポンのマシンに市販車っぽいボディをかぶせているだけという見方もできるが、それでも、あのレースは『市販車の形をしているかどうか』が重要なわけで、自分の好きな車に対してファンは思い入れをこめて、応援するというのが、もともとのあのレースの姿だったはずなんだが・・・
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
CR-Z 使い勝手はどうなの?
ホンダ車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク

デビュー早々、かなりの注目を浴び、価格設定も功を奏してか、若い世代の購入も目立つという、CR−Zですが、2ドアクーペなので、使い勝手を求める車じゃないんですよね。



一応、リアシートは付いていますが、リアの室内高は75cmと、大人が長距離乗るにはしんどいです。ただ、チャイルドシートはつけれるみたいなので、小さな子供は大丈夫そう。

また、トランクなんですが、3ナンバーにはなっているものの、やはり狭く、ゴルフバッグを横向きに収納することは不可能。
ただ、リアシートを倒し、2名分のゴルフバッグを縦に収納する分には、まったく問題ない。

あくまでも、1〜2名のための車であることを実感する。
そう割り切れば、使い勝手は悪くない。2〜30代の購入が目立つという報道もあったが、この層の車好きであれば、独身orDINKS、子供はいてもまだ小学生以下、ということならば、このクルマでも充分日常ユースに耐えられるだろう。

ただ、私のように両親と同居していると、大人3名乗車が、ソコソコの頻度であるわけだ。しかも両親は免許を持っていないので、親がミニバンを持っていて、私が個人用にCR−Z、というわけにも行かない。

ゴルフに行くときは私一人で行くからいいが、両親を乗せて遠出となると、少々厳しいか。かなり欲しい車なんだけどなぁ・・・
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
CR−Zの気になる動力性能
ホンダ車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク

さて、デビュー間近なCR−Z ですが・・・


*画像はカタログから拝借

スポーツモデルである以上、その走行性能も気になるところ。

ひとつの指標となる、0-100km/h加速のタイムであるが・・・

9.7秒

と、この数字だけ出しても、ぴんと来ませんよね。

なら、他のクルマと比較ってことで、同じホンダのハイブリッド、インサイトならどうか。

12秒32!

ハイ、インサイトは完全に置いてけぼりです。

タイム的に近い車となると、レクサスのHS−250hあたりが出てきますが、こっちは排気量がまるで違いますよね。2.5L+ハイブリッドですから。

なので、走りのポテンシャルとしては、2〜2.5Lクラスの実力といったところか。カタログスペックだけ見ると、114psと非力に見えはしますが、そうは言っても1.5Lのi-VTECエンジンです。

しかしながら、悲しいポイントも。
廉価版のβは210万円からと魅力的な価格なんですが、スポーツカーなのに、スチールホイールは無いでしょ・・・
まあ、ドレスアップを前提に購入する人にとっては、どうせ付け替えるんだから鉄ホイールでも委員でしょうが。

[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(1) | trackbacks(0) | -
pagetop
CR-Z デビュー間近
ホンダ車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
結局、2009年のモーターショーはいけなかったのだが、そのときから気になっていたクルマが、いよいよ2010年2月にはデビューを迎える。

その名は、ホンダ・CR-Z である。

<2007年大阪モーターショーでの撮影>
JUGEMテーマ:車/バイク
2007大阪モーターショー

2007大阪モーターショー

若干、2007モデルからの変更はありそうだが、ほぼこのディメンジョンで出てくる。

ニッサン党の私だが、同時にコンパクトでキビキビ感のあるスポーツも嘱望している。

そんな私には強く惹かれるモデルである。

ただ燃費が良くて環境にやさしいだけのハイブリッドじゃない、スポーツ&GTの未来を切り開く可能性を秘めたクルマである。


ハイブリッドのシステムとしては、インサイトと同様のIMAシステムだが、排気量は1.5Lにアップされる。

また、特筆すべきは、6MTが設定されること。

クルマを操る愉しさはやはり、いろんなスポーツモードのATが出てはいるものの、MTにはかないっこない。6MTが設定されたのは、「車を操る愉しさを満喫して欲しい」という、開発者からのメッセージなのである。


さすがに、大人4人のフル乗車は厳しいが、一応4シーターで、ラゲッジもゴルフバッグ2個はいけるとのこと。

それでいて、価格は250万円前後というから、決して夢物語のクルマではない。


私自身は、当面ステージアで粘るつもりではいるが、シルビアの後継車が出れば欲しいという思いもある。いつまでたってもそっちが出なければ、CR-Zに浮気してしまうかも・・・

[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
モーターショー 気になるモデル1
ホンダ車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
先日開幕した、東京モーターショーには国内外多くのメーカーから、最新モデルやコンセプトカーが出展されている。愛読されているモーター誌でも多数特集が組まれていて、大体どんな車が出てくるかは見に行かなくとも分かるわけだが、実物を見なければ伝わってこない部分もある。また、事前情報で俄然実物を見たいという衝動に駆られることもある。
だからこそ、東京は無理にしても11月30日からの『大阪モーターショー』を今から楽しみにしているのだが、実際にみてみたい車は色々とある。

そんなクルマの1台が、ホンダのCR−Zという車である。


30歳代後半以上の方ならピンと来るかもしれないが、かつて一世を風靡した『CR−X』のコンセプトを受け継いだ、コンパクトスポーツモデルである。しかも地球に優しいハイブリッド!

ホンダのハイブリッド戦略としては、2009年をめどにコンパクトで200万円以下で買えるような、ハイブリッド専用モデルを出すといわれている。そのスポーツモデルが今回のショーモデル・CR−Zというわけだ。

とくにこのリアビュー、2代目のCR−Xのイメージを上手く再現していると思いません?


CR−Xは今でもまれに走っているのを見かけるが、乗ったことはない。が、GTシリーズでは頻繁に登場しており、幾度となくCR−Xでプレーはしたし、あの軽快な乗り味は印象に残っている。

GT5プロローグへの収録はされていませんが、来年発売といわれているGT5の本編には収録されるかもしれませんね。
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
| 1/1 |