サイト内検索
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
ランキングサイト
MOBILE
qrcode
FEEDS
POWERD
PROFILE
SuperGT2010第2戦 岡山国際サーキット
モータースポーツ / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:モータースポーツ
 
前項のコンディションに恵まれた、4月4日の日曜日、SuperGT 2010シーズンの第二戦が、岡山国際サーキットで開催された。


まずはGT500の結果から。
初戦に引き続き、ポールを奪取したのはホンダの18号車・HSV-010。この日は前半をロイック・デュバルが担当すると、無難にスタートを決め、初戦とは打って変わって、そのまま後続との差を引き離してゆく展開に。
前半はバトルになることも無く、ピットイン。小暮にバトンタッチし、ピットアウトすると、小暮も会心の走りを見せ、2位に10秒以上のセーフティーリードをつけ、2番手以降のバトルが激しくなったこともあって、余裕の初勝利。
デビュー・ウィンこそならなかったが、ポテンシャルの高さを見せ付けて、HSV-010のSuperGT初勝利となった!

残りの表彰台は、2位に38号車、3位に36号車と、トヨタ・SC430勢が占め、日産・GT-R勢は3号車の4位が最高と、低調に終わってしまった。

ポイントランキングの方は、初戦で表彰台を獲得し、この日も5位フィニッシュとなった、6号車・SC430が21ポイントでトップ。以下、初戦優勝の24号車・GT-Rとこの日優勝の18号車・HSV-010が20ポイント。さらに昨年のチャンピオン、1号車・SC430が初戦4位、この日は3位表彰台と、着実にポイントを稼ぎ、19ポイントで上位につけている。



GT300は、予選でポールを奪取したのは、86号車・ランボルギーニRG-3。その86号車は序盤から快調に飛ばし、トップのままピットイン。しかし、ここでピットワークがうまくいかず、ピット作業で57秒もかかってしまう。

その間隙を縫って、トップに躍り出たのは、初戦の勝者、7号車・雨宮RX-7。予選では11番手に沈んでいたが、谷口の脅威の追い上げでぐんぐん順位を上げると、ピット作業では、もはや恒例となった、タイヤ無交換作戦でコースに復帰。
しかし、トップに立った後の55周目、ステアリング系にトラブルが発生し、無念のリタイア!

これに代わってトップに躍り出たのは、46号車・フェアレディZ。安定した走りをみせ、そのままチェッカー。うれしい今季初優勝となった。

2位には2号車・紫電が予選8番手から、ベテラン加藤がじわじわと順位を上げ3位までジャンプアップすると、GTデビュー戦となった濱口がルーキーとは思えぬ落ち着いた走りをみせ、2位でフィニッシュ。

3位には3号車、フェアレディZの星野・柳田の2世コンビが入った。予選は12番手と苦しいスタートだったが、GTでの実績豊富な両ドライバーが、いずれも好走を見せ、気づけば3位まで順位を上げてフィニッシュとなった。
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< 【旧車回顧録】 スープラ | main | ついにナビ付けました >>









url: http://stagea.kiri.versus.jp/trackback/1457299