サイト内検索
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
ランキングサイト
MOBILE
qrcode
FEEDS
POWERD
PROFILE
ニッサンとダイムラー提携のメリットは?
ニッサン車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク
 
この4月にニッサンルノー連合とダイムラーの資本・業務提携が合意されたのは記憶に新しいところ。

正直、ダイムラーの金看板『ベンツ』というブランドは、成金的で私は好きではないので、微妙なところなんだが・・・

それでも、今回の提携話、それぞれの得意分野を持ち寄って、さらにスケールメリットを生かせるということになると、結構なメリットがあるようだ。

まず、コンパクトクラスの省燃費技術や電気自動車。これにはニッサンに一日の長があり、ヨーロッパ圏で予定されている、平均燃費規制が実施されれば、燃費的に不利な大型車の中心のダイムラーとしては、非常にありがたい話となってくる。

ニッサンがリーフで先鞭をつける電気自動車の技術を、スマートベンツAクラス当たりに持ってこれると、結構大きい。

逆にダイムラーが持っている、プレミアムカー向けの上質なエンジンだったり、大型車向けのエコなディーゼルエンジンというのは、ニッサンに取ってはウィークポイント。一応、X−トレイルのディーゼルエンジンはよく出来ているが、他車種への展開とまで入っていないし、2Lクラスでプレミアムカー向けとは言い難いし・・・

また、大型・小型を問わず、電気自動車やハイブリッド車には、高性能なバッテリーが必要になるのは言うまでもないが、そういったもの、特に効果は高いがコストの掛かる、リチウムイオン式のバッテリーを、提携によって共用できれば、スケールメリットによるコストダウンも可能になり、そうなればニッサンルノー連合とダイムラー双方にメリットが有る。

しかしながら、一人のニッサンファンとしては、かつて『技術のニッサン』と言われた、トヨタには出来ないクルマづくりをして欲しいと願ってやまないところ。

自動車誌では、フェアレディZベンツEクラスのディーゼルエンジン搭載か?なんて話も出ているし、そうなれば非常に面白いところではあるが、やはりフェアレディZは高嶺の花である。

私としては、もう一歩踏み込んで、シルビアの復活車にベンツEクラスのディーゼルエンジン搭載なんてのはどうだろう?とおもう。このクラスならX−トレイルのディーゼルでもいいんだろうが、インパクトとしては、提携効果を全面に押し出してもいいだろう。
それに、コンパクトでスポーティーなクルマへの潜在的なニーズがある、それも若い世代にも存在する事は、CR−Zが証明してくれたわけである。

ディーゼルエンジンではピークパワーは望めないが、一般道では体感することの少ない最大馬力よりも、強力なトルク感の方が、かえって訴求力は高いかもしれない。

そういう意味で、軽量・コンパクトなシルビアにトルクフルで排ガスも綺麗で燃費も良いディーゼルエンジンを搭載する。ハイブリッドとは異なる、エコとスポーツの両立への解をそこに求めてもいいんじゃなかろうか。

そんなクルマが200万円そこそこで出てきたら、飛びつくんだけどなぁ・・・

[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< さらば、タイプR・・・ | main | SuperGT2010第4戦 セパン・国際サーキット >>









url: http://stagea.kiri.versus.jp/trackback/1457308