サイト内検索
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
ランキングサイト
MOBILE
qrcode
FEEDS
POWERD
PROFILE
エリーゼレースカースーパーラップ
GT6:配信イベント / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:ゲーム

国際Bクラスのミッションレースの全ゴールドでもらえる、エリーゼ レースカーか、エリーゼ111R レースカーでのタイムトライアル。
PP530までの範囲でチューニング可能。タイヤはレーシング・ハードである。

折角なのでミッションレースのプレゼントで貰ったエリーゼ レースカーで挑んでみる。
まずはいつもどおり、吊しで様子を見、それを踏まえて、パワーアップを選択。

中回転域ターボを入れて、それだけだと上限PPを超えるので、リミッターで99.7%にする。
が、なかなかゴールドには届かない。
あまりにも曲がりすぎるクルマのコントロールに苦労するということもあるのだが・・・

こういう時は、上位ランカーの様子を見てみる。配信イベントはこれができるからね。
で、上位を見ると、車種はミッションレースのプレカーの方のレースカーばかり。車種は同じだ。
実際に映像を見てみると・・・明らかにトップスピードが違う。
ドリフトしまくりでコース幅を目一杯使ったキレッキレの映像にはため息しか出ないし、あのコントロールをすぐに真似できるものではないが、明らかなトップスピードの違いは、おそらくチューニングの違いだろうと推測。
基本的には中〜高速コーナーの多いコースなので、低回転域のトルクは多少犠牲になっても良いかもしれないと思い、もう一段階高回転よりのターボを選択。パワーリミッターは必要なので、94.6%とした。

このへんがPP計算の不思議なところだが、同じクルマであれば、チューニングのメニューが違っても、同じ重量で同じ馬力なら同じPPと思っていたのだが、どうも違うようだ。
現に、このエリーゼレースカーの場合でも、中回転ターボでPP530に抑えた場合216psだったが、高回転ターボでPP530に抑えた場合は、224psとなる。
わずか8馬力の違いとはいえ、軽い車なので結構違いが出るのかもしれない。

更に、色々セッティングを探って、下記のように落ち着いた。
・ダウンフォース:前後とも200
・LSD:フルカスタマイズにしてすべて最小値
・最高速230km/h
・フルカスタマイズサスペンション
 車高:前後80mm
 バネ:F7.00、R10.00
 他はデフォ値。

これで何度もトライを繰り返し、1'29.156でゴールドに到達した。
 
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< ミッションレース@国際Bクラス | main | ディアブロ GT2 スーパーラップ >>









url: http://stagea.kiri.versus.jp/trackback/1457506