サイト内検索
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
ランキングサイト
MOBILE
qrcode
FEEDS
POWERD
PROFILE
SUPER GT 2008 開幕まであと1ヶ月
モータースポーツ / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
一口にモータースポーツといっても、小型のカートに始まり、F1を頂点とするフォーミュラ系、SUPER GTやDTMといったGT系(ハコ系)、あるいはWRCを頂点とするラリー系など、さまざまなカテゴリーのものが存在している。

その中でも私が一番注目してみているのが、SUPER GTである。
F1なんかは、それこそ金持ちの道楽、と一歩引いて見ているが、SUPER GTは市販車をベースにした車両でのレースであり、愛着が沸きやすい。まあ、GT500なんて中身は完全な純レーシングカーなんで市販車に近いのは、それこそ見た目だけなんですが・・・

そのSUPER GTもいよいよ、2008シーズンの開幕まで1ヶ月を切った。なんといっても注目したいのは『GT−R』の復活である。ま、私がニッサンびいきってのもあるけど。
ニッサンワークスは2007年同様、4チーム・5台。全てがGT−Rでの参戦となる。そのニッサンワークスの象徴といえるのが、チームニスモの23号車だが、ドライバーには、ニッサンの不動のエース・本山哲と昨年『カルソニック・インパル・Z』でキレキレの走りを見せていたブノワ・トレルイレとのコンビとなる。
飯嶋嘉隆NISMO監督のいわく、「GT-Rでチャンピオンを獲るために選んだドライバー」だそうだ。ぜひとも23号車にはチャンピオン争いを繰り広げて欲しいものである。

GT500は3メーカーの争いとなるが、ニッサンのライバルとなるトヨタ・ホンダは昨年同様、SC430、NSXでの参戦。ってか、ホンダさん。NSXはとっくに絶版したクルマでしょ?いつまで引っ張るの?
そのホンダは2007年はARTAは見事チャンピオンに輝いたものの、マシンの信頼性に泣かされた1年だった。特にTAKATA童夢の序盤戦なんて、目も当てられない惨状・・・
その上、ARTAのエース・伊藤大輔はトヨタに移籍。ホンダ勢に関しては、今のところドライバーの陣容は明らかになっていないが、去年の総合ランクはNSXが上位を独占。
今年も速そうだが、信頼性がイマイチのマシンだけに、GT-Rの完成度次第では厳しいか?
それともSUPER GT最後の年となるNSXが有終の美を飾るのか?とにかくこのクルマは『信頼性』が全てでしょう。

片やトヨタ勢だが、ドライバー勢のなんとも豪華なこと・・・東京の某プロ野球団じゃあるまいし。昨年のチャンピオン伊藤大輔に、それぞれGT通算8勝を挙げている脇坂寿一に立川祐司。3人合わせて25勝・・・
絶版車で出場し続けているホンダよりましとはいえ、SC430もおおよそGT/スポーツといったクルマではない。

それだけに、最新のスーパースポーツであるGT-Rで参戦するニッサンに頑張って欲しいものである。
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< カー用品といえば・・・ | main | 暫定税率は断固廃止!!! >>









url: http://stagea.kiri.versus.jp/trackback/938328