サイト内検索
LATEST ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
ランキングサイト
MOBILE
qrcode
FEEDS
POWERD
PROFILE
【頑張れトヨタ】本格的FRスポーツセダン・・・これは過激です。
トヨタ車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク
 
こちらも、オートサロンに出展されていたもので、G'sブランドの第二弾はこのマークXのエボリューションモデルになるようだ。噂では、6月リリースという話もある。



マークXも新型になって、よりスポーティーになったとは聞くが、それよりもまだ突き詰めたのが、このG’sバージョン。
かなり過激なエアロで武装しているのも目を引くが、ボディ&足回りにも相当手が入れられているそうだ。

エンジンはノーマルの3.5Lで十分との判断で、手は入っていない。

が、ヤマハ製のパフォーマンスダンパーに、ビルシュタインのダンパー、フロント6ポッド・リア4ポッドの強化ブレーキ、さらにはリアにLSDまで仕込まれている。

さらに、ベースのマークXはATのみだが、市販時にはMTの設定があるという噂もある。

価格はひょっとしたら、ノーマル+100万円という情報もあるがまだ流動的で、もしそうだとすれば、G’sとしても特にスペシャルな仕様という事になる。
*G’sは改造範囲の大小で、ノーマル+30万or60万というところを目処にしているそうだ。




[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
【頑張れトヨタ】MR−Sベースのハイブリッドスポーツ!
トヨタ車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク
 
先だって行われていた、東京オートサロンでの一幕。なんだか見覚えのある風貌のクルマが出展されているではありませんか・・・

そうです、今はなき、MR−S!!



けど、MR−S自体はとっくに廃盤になっていて、次期モデルの噂もないんですが・・・

けど、まことしやかに言われていたのは、トヨタがMR−Sをベースにしたハイブリッドスポーツを出す!!ということ。

ホンダのCR−Zに市販化こそ先を奪われてしまいましたが、このクルマの開発自体は水面下で進んでいたようだ。

なお、出展時の車名は「GRMNスポーツハイブリッド」であり、MR−Sをうたっている訳ではない。

が、紛れもなくこのクルマの外観はMR−Sそのものであり、MR−Sハリアーハイブリッドの3.3Lハイブリッドユニットを組み込んで4WDスポーツとしたもの。

市販となった場合、サイズこそ違えど、MR−Sそのものの外観のまま出すかどうかは微妙だが、クルマの作りこみ自体は、ガンガン走れるレベルに達したものをオートサロンに出しているという。

あくまでもコンセプトカーなので、市販が確約されているわけでもないが、ぜひとも市販して、ついでにSuperGTにもエントリーして欲しいものだ。
今のGT300には、カローラIS350が出ているが、それよりもMR−SのほうがSuperGTに似合うと思うのだが・・・
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
【頑張れトヨタ】スポーツ車両統括部の正体とは?
トヨタ車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク
 
先だってのプリウスなどのリコール騒ぎから、特にアメリカでは露骨なトヨタバッシングの嵐である。

はっきり言ってこんなの、GMやクライスラーが破綻して、アメリカの自動車業界が世界一の座から転げ落ちたことへの意趣返し。

所詮、欧米人、特にアメリカ人はNo1主義が強く、底流には人種差別的な意識が流れている。

なので、ニッサン党の私だが、ここしばらくはトヨタにフィーチャーして、微力ながらもトヨタを応援したいと思う。

さて、表題の『スポーツ車両統括部』であるが、先だって発表された、G’sブランドやGazooレーシングブランドで出す車の開発統括を行うセクションということになる。

ちなみに、モーターショーで注目を浴びた、現代版ハチロクことFT-86の開発も『スポーツ車両統括部』に移され、その開発のとりまとめを行っていた、多田哲也氏が『スポーツ車両統括部』の室長になるという。

担当役員もモータースポーツを取り仕切ってきた山科専務が全般的に統括することになるのに加え、商品統括部の伊勢常務、商品企画部の鈴木常務も担当役員に名を連ねる。

また、スタッフには昨年撤退したF1に携わっていたエンジニアも参画。トヨタF1の拠点がドイツのケルンにあったのだが、その拠点スタッフがごっそり『スポーツ車両統括部』に加わる。

商品企画・製品企画・実験部門・設計部門がこのスポーツ車両統括部に集約されていることが大きな特徴で、実質的に豊田章男社長直轄のビッグプロジェクト。

つまり、その気になれば、超高額スーパーカーのLF-Aはもちろん、ヴィッツパッソベースの小さなスポーツから、プリウスなどのハイブリッド、レクサスLSクラウンだって、G'sやGRMN(Gazoo Racing チューンドby MN)に仕立て上げることも可能。

ここしばらくスポーツ心をくすぐるクルマが出せていなかったトヨタだが、この『スポーツ車両統括部』には期待したい!

まずはノアヴォクシーのGスポーツ(G's)が5月に市販車第一号として世に出ることになる。

ミニバンでも車は楽しいということを伝えたい、というのが狙いのようだが、ボディー補強と足回りのチューニングで、車高も落とされ、インテリア・エクステリアともに相当スポーティーに仕上がっているとのコト。
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
プリウスが危ない!?
トヨタ車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク
 
昨年の売り上げナンバーワン「プリウス」のブレーキ周りに不具合があるというニュースが飛び交っている。

『品質のトヨタ』であったはずのブランドイメージも崩壊寸前。アメリカでは、GMから世界販売台数No.1を奪った意趣返し同然のバッシングを浴びている。

とはいえ、ブレーキというのは、車の中でも特に重要なファクターであり、そんなところに不具合があるのは、許されないことである。

どうやら、「アンチロックブレーキシステム(ABS)」の電子制御が原因ということのようだが、現象としては、滑りやすい路面を低速で走っているとブレーキが利かなくなるというもの。

トヨタ方式のハイブリッド車の場合、ブレーキには『回生ブレーキ』という機構が組み込まれていて、ブレーキングの際に発生するエネルギーをもとに電気を生み出して、バッテリーに還元するというもの。
鉄道車両なんかでは、かなりメジャーで普及している装置なんですが、クルマにそれを応用するだけのノウハウが蓄積されていたのか、そのあたりのテストが十分に行われていたのか、というところが追求されそうですね。


[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
レクサス「SC430」の生産終了・・・
トヨタ車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク
 
まあ、人気車とは言いがたいですが・・・


腐っても、SuperGTのGT500のベース車です。
受注生産車にしてでも、『市販車』の看板をはずすべきじゃないと思うんですが。

それで無ければ、GT500に別の市販車ベースの車で参戦するか。

これで、市販車ベースでGT500に参戦しているのはニッサンだけになってしまいましたね。

[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
【旧車回顧録】 アリスト
トヨタ車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク
 

いちおう、後継者としてレクサス・GS350があるといっても、はっきり言って、アリストとは別の車ですよね。

Eクラスのパクリデザインとも言われかねませんが、『ちょい悪』な感じがして、良いんですよね。
しかも、アリストもこの代までは、直列6気筒を積んでいましたし。

値段も高いし、サイズもステージアより1クラス上なので、現実として、手の届く車という感じはしませんが、興味はそそられるクルマであったのは違いないですね。
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
トヨタ パッソが2月にフルモデルチェンジ
トヨタ車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク

あんまり、話題になっていない気がするんだが、トヨタのボトムエンドを担い、結構な人気を獲得している、パッソが2月にフルモデルチェンジを迎える。
下が入手できた、新型の写真だが、思いっきりキープコンセプトといった感じ。
 


けど、まあこういうクルマは、キープコンセプトで良いんでしょう。

私事だが、妹がキューブに乗っているのだが、今年の夏で7年目の車検を向かえる。車検を通すのか、買い換えるのか、悩みどころになっている。

基本、妹の場合、街乗りが中心で、実家に帰省するときだけ長距離運転、という感じなので、本当は軽でも良い位なんだが、やっぱり軽で高速に乗ったりするのは恐怖感があるという。

そんな妹のようなユーザーであれば、パッソも良い選択肢になるんじゃなかろうか。
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
トヨタ内に9番目のメーカー出現?
トヨタ車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク
 
1月1日発足の、トヨタマーケティング新会社の話題として、「G's」というセクションの話題が取りざたされていたのだが、この「G's」はトヨタ内部の本格的コンプリートカーメーカーになるという。

言ってみれば、トヨタ版のAMGのようなもの。

その第一歩として、1月15日からの、オートサロンに複数のコンプリートカーを出展。
候補としては、ノア/ヴォクシーiQプリウスマークXが有力。
 
市販第一号は、ノア/ヴォクシー になるという。

性能面にも手が入り、それこそ、エンジンチューニングも行うとなれば、和製AMGというのが現実味を帯びてくる。

さらに、レクサス勢の中でも不振が続いている、レクサスGSの次期バージョンにはBMWのM5対作者として、GS−Fが用意されると聞くが、その開発にも、G’sが関与することになるという。
[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
リストラが噂されるクルマたち・・・(トヨタ編)
トヨタ車 / キリ
[PR]保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り! 保険の窓口
JUGEMテーマ:車/バイク
 
いまや販売台数で世界一となったトヨタ。

それでも、売れないクルマってのはあるわけで、そんな中から、コンセプトが被っているのに、販売店対応のために残っていたりする車がある。そんな中で、2011年を目処にリストラの白羽の矢が立っているのが、以下3台。

・シエンタ(カローラ店)
・ポルテ(トヨタ店&トヨペット店)
・ラウム(ネッツ店)

いずれも、コンパクトサイズで、スライドドアを装備しているモデル。

これらを整理統合して、全店扱いの車種になるのでは、ということである。

[PR]「価格.com自動車保険」保険料、払いすぎていませんか?価格.com自動車保険
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< | 2/2 |